fc2ブログ
Black or White ~介護施設の闇~
介護施設の現状、日々の記録、過去の振り返り
ある職員の一日 ~新人職員編~
例:日勤時間(8:30~17:30)

業務開始時間よりも
30分~1時間程、早くに出勤させられます。
新人職員は教わり学ぶという部分が
大前提となり、暗黙のルールと
なっています。

このルールは言葉こそは綺麗に
聞こえるかもしれません。
良くない間違ったルールであるとも
思います。

指導にあたる先輩職員も同じように
早く出勤している為、しなければ
ならないと脅迫されているようです。



出勤後の流れは同様です。
出勤簿、連絡帳、業務日誌
パソコン記録等を確認します。
慣れていないうちは何を、どこを
どのポイントを確認すれば良いのか
分からないかもしれません。

ここは慣れと経験で徐々に
理解して把握できてきます。
何事も経験することが大事です。

ユニットに一歩足を踏み入れれば
勤務時間が開始していなくても
見守りや雑務などを任せられます。

そのまま流れで勤務開始です。

休憩時間は1時間となっていますが
30分はおろか、15分もとれないときが
主であり、その際もユニット内の
見守りをしながらの状態であり
常に拘束されています。

また
新人だからという理由で
勤務時間内であっても、まだ実施したことが
ない業務や、もしも行事があれば休憩時間は
削られてしまい、保証されません。

他職員も同様ですが。



17:30で業務終了となりますが
時間通りに終了することはありません。

1~2時間程の残業、それ以上の
時もあります。
もちろん、残業代は発生しません。

暗黙のルールとして継続されており
この部分を改善することは難しい。
以前、新人職員の方が不満を訴えて
退職されて、労基に申し立てましたが
実際に施設に入り込まれましたが
おとがめなしでした。

とても残念な結果です。
組織の闇は世間に明かされることは
ありません、全て隠蔽されてしまいます。

みんなが同じように思っていたり
気づいているであろう闇の部分。
テレビやメディアで報道されているような
虐待や死亡事故、不幸な出来事こそ
ありませんが。

もしも、そういったことが起これば
そこから芋づる式に闇の部分が
さらけ出されることになるのかも
しれません。

PR
仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk


何もかも試した、でも続かない…。ダイエットができない原因はあなたじゃない【スルーラ】

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する